PRESCALE

解析システム FUD-7010J

専用解析ソフトと適用スキャナー*の組み合わせにより、UVスケールの発色を読み取ることでUV光量値への数値化、UV光量分布の解析や保存を可能にするシステムです。

※スキャナーは別売となりお客様でのご調達となります。

解析システムの使用方法

1.発色させたUVスケールを用意します。 2.UVスケールを適用スキャナーにセットして、発色サンプルを読み取ります。 3.専用解析ソフトをインストールしたPC上で解析します。
補正機能

補正値を入力することにより、照度計や温度などの測定条件による光量値の差異を補正し適切な値としての運用が可能です。解析システム使用方法

光量測定

取り込んだデータを数値化します。全体領域と矩形もしくは円形で指定した部分の測定データを表示します。

主なFUD-7010J仕様
製品名 紫外線光量分布解析システム FUD-7010J
製品構成 専用ソフト(CD-ROM)、専用カバー、キャリブレーションシート
適用UVスケール UVスケールL、UVスケールM、UVスケールH
適用UVランプ種 高圧水銀ランプ、メタルハライドランプ、低圧水銀ランプ、UV-LED(365mm)
主な機能 UVスケール画像解析(積算光量測定、光量分布表示/データ保存、CSVデータ出力)
読み取りサイズ 適用スキャナーに準ずる
読取り解像度 0.125mm(200dpi),0.032mm(800dpi)
適応スキャナ エプソン製 A4スキャナー GT-F740/GT-X830
※スキャナーは別売りとなり、お客さまでのご調達となります。
※GT-F740/GT-X830は、セイコーエプソン(株)の登録商標または商標です。


●ソフトウエア推奨環境
OS Windows®7/8/8.1(32/64bit)
CPU クロック2GHz以上
メモリ 2GB以上
HDD 2GB以上の空容量
ディスプレイ 1024×768 6万色以上の表示

※FPD-7010Jには、専用ソフト、キャリブレーションシート、専用カバーが同梱されています。
カタログPDF版は、こちら(3.6MB)